• 相対性理論『証明III』やくしまるえつこオリジナル新装置「YXMR Ghost ”Objet”」(ヤクシマル・ゴースト・オブジェ)登場、衣装写真も公開

    2017.8.3





















    6月17日に開催された相対性理論 presents『証明III』(会場:中野サンプラザホール)にて、やくしまるえつこのオリジナル新装置「YXMR Ghost ”Objet”」(ヤクシマル・ゴースト・オブジェ)が登場。

    やくしまるはこれまでも、ライブやレコーディングでお馴染みのオリジナル9次元楽器dimtakt(ディムタクト)をはじめ、自身の生体データを用いての演奏や、オキュラスリフトを使った独自のVRシステムでの演奏指揮など、数々のオリジナル装置を駆使してきました。

    今回新たに登場した「YXMR Ghost ”Objet”」(ヤクシマル・ゴースト・オブジェ) は、3Dカメラ画像処理によるユーザー・インターフェースを備えた空間操作の次世代音楽ツール「KAGURA」の基幹機能をサウンド、ビジュアル、光の3種の3Dコントローラとして導入し、チューンアップしたやくしまるオリジナル・システム。

    本来KAGURAはそれ自体に音を仕込み、スタンド・アローンで使用する音楽ツールですが、やくしまるディレクションのもと、機能の拡張性を考慮して、基本仕様の中ではMIDIコントローラとしての機能のみを使用し、関連する様々な機能を、やくしまると開発チームとで開発・強化・実装していきました。

    これにより「YXMR Ghost ”Objet”」では、ライブ演奏中に、やくしまるが空間に手をかざしジェスチャーで操作することで、リアルタイムで3D操作によるDJ、VJ、照明制御を行うことが可能になっています。空間操作で音を鳴らすことはもちろん、リアルタイムで生音をフィルタリングしてエフェクトをかけたり、また、「YXMR Ghost ”Objet”」の信号をDMXのトリガーにすることで、やくしまるがライブ中の照明制御も行うこともできます。

    更に、機能がアサインされたやくしまるによるドローイングアイコンを空間操作で反応するアニメーション化してレイヤーし、やくしまるが操作している様子をリアルタイムでキャプチャー&エフェクトしその映像をスクリーンに投影することで、ライブでのVJも同時に行います。

    「YXMR Ghost ”Objet”」は今後もバージョンアップを続けていきます。

     
    また、今回のライブシリーズ『証明』とTAICOCLUB’17ではSINA SUIENが、やくしまるえつこのオリジナル衣装を制作しています。
    ―――――――――――
    (撮影:MIRAI sesaku, Hazuki Muto / 衣装:SINA SUIEN)
     

    相対性理論の次回ライブは2017年8月20日。日比谷野外音楽堂での『exPoP!!!!! Vol.100』に出演します。優先入場券やグッズなど申込受付中(2017/08/12 23:59まで)→ https://camp-fire.jp/projects/view/34021





    ―――――――――――